FXという取引の特徴

FXは外国為替証拠金取引というものであり、基本的には為替差益を得ることを目的とする金融商品となります。どうして基本的なのかと言いますと他にもスワップ金利狙いというのもあったりするわけでそちらも別に寝られることは狙えるからです。
さて差益とは何か、といえば様々な通貨の売買をする例えば円やドル、ユーロなどの通貨があるわけですが、通貨の売買によって発生する利益のことになります。
つーかというのは日々価値が変動しているということになります。それも一日単位ではなく、秒単位で変動があるわけですからその時の変動を利用して利益を出そうという相場取引になります。
価値が買ったときよりも上がっていればその時に売ることによって利益が出てる価値が下がっている時に売ると損失になるというのが基本的な仕組みとなります。
1円上がった下がったということで大きな利益に繋がったり損失に繋がったりということがあるのはこれはFXが基本的にレバレッジを利用してどうしようしているからという部分に関係してきます。レバレッジというのは一体どのようなものかと言いますと要するに信用倍率のことであり、信用取引をするということになります。
日本では昔は青天井で利用することができたFXのレバレッジなのですが今では25倍というのに規制されています。
これは簡単に言いますと100万円の投資をするための資金を持っていたとしたら25倍のレバレッジにしますと2500万円までの投資が信用取引として可能になります。
これは凄いと思うでしょう。何しろ利益が出た時の25倍になるということになるわけですから普通に100万円の投資をするよりもはるかに大きなリターンが期待できるわけです。
しかし、これは損をしたときにも25倍になるというようなことにもつながりますからどのくらいの信用取引にするのかというのはかなり慎重に決める必要性があるといえるわけです。
差益を得ることに関してレバレッジを利用すれば利益が出た時にはその倍率ほど大きいリターンを手に入れることができるわけですが、通貨の売買による差益だけではなくスワップポイントという利益を得るときにもレバレッジが大きく利益に繋がったりします。
これは要するに金利差によって利息のようなものを貰えるわけですが、どんなに高いと言っても所詮は利息なので何倍何十倍というわけではないのですが、ここでやはりレバレッジを活用しておくとそこそこの金額にできたりすることもあるので、スワップポイント狙いでもレバレッジはとても活躍してくれるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です